★最安値公式サイトはこちら★

LAKUBI(ラクビ)


最近、「腸内フローラ」という言葉をよく聞くようになりましたよね。

腸内フローラとは、腸内の菌の集まりなのですが、そのバランスを整えてくれるのが、ラクビ。

腸内フローラサポートサプリなんです。

 

でもこのラクビ妊娠中・授乳中に摂取しても大丈夫なのでしょうか?

妊娠中は、心身共にデリケートな状態ですし、インターネットなどで調べても100%信頼していいのか不安になってしまいます。

そこで今回は「妊娠中・授乳中にラクビを飲んでもいいのか」「添加物や刺激物は大丈夫なのか」についてご説明します。

これを読んで、不安をなくしてくださいね。

 

公式サイトで確かめよう。妊娠中・授乳中にラクビを飲んだらどうなる?

ラクビ(LAKUBI)は医薬品ではなく、酪酸菌や乳酸菌を含んだサプリメントです。

飲む時間帯などの指定は特になく、アレルギーや副作用の報告も今のところないので、比較的安全なサプリだといえます。

公式サイトの記載も、以下のとおり。

妊娠中・授乳中に飲んで悪影響はありませんか?

特に危険な原料は使用していませんが、心配な方は専門医にご相談ください。

 

メーカーの見解としては安全ということですが、もう少し慎重に考えてみましょう。

もしかすると、妊娠・授乳期に適していない成分が含まれているかもしれません。

念のため産科の先生に相談してから使用する方がいいと思います。

 

ラクビの添加物やカフェインの影響は?

ラクビに配合されている成分は問題なさそうでしたが、添加物や刺激物、アレルギーを引き起こす成分などは配合されていないか確認してみましょう。

妊婦さんや授乳中の方、食品アレルギーをお持ちの方は、自分の口から入る物が安全なのか気になりますね。

購入する前に、しっかりご覧くださいね。

 

ラクビには添加物やカフェインは含まれている?

ラクビの原材料欄を見ると、添加物としてゼラチン、トレハロースなどが配合されています。

添加物と言っても、これらは食品に広く使用されている、とても安全性の高いものです。

公式サイトでも、「妊娠中・授乳中に摂取しても、特に問題となる成分は含まれていません。」と記載されていますから、基本的には妊娠中や授乳中のママが飲んでも大丈夫そうですね。

 

でも、大事な時期ですから、やはり念には念を入れて!

公式サイトでも、心配な場合は専門医に相談することを勧められています。

確認して、不安を解消し、安心して飲む方が心身共にいい結果が出そうですよね。

 

ラクビにアレルギー物質は含まれている?

公式サイトでは、

ラクビにはアレルギー表示義務や、奨励されている特定原材料は含んでいません

との記載があります。

 

公式サイトを見ても分かるように、ラクビにはキトサンが配合されていますが、ラクビのキトサンは、魚介類由来ではなく黒麹由来の植物性なので、食品アレルギーの危険はありません。

キトサンにアレルギーがある人でも安心して飲めますよ。

もちろん、それでも心配な人はかかりつけの医師やラクビのお客様センターに相談して、安全性を確認してから飲むようにしてください。

 

ラクビの有効成分”サラシア”が危ない!?

ラクビの有効成分の中に、サラシアという成分があります。

サラシアは、古くから民間療法につかわれてきた、インド原産の植物から抽出したエキスです。

サラシアに含まれる健康有機成分は、現代でも様々な医薬品などに利用されています。

 

サラシアにはどんな効果が?

サラシアの効果で最も知られているのは、脂肪燃焼効果です。

古くからアーユルヴェーダでも、肥満の治療にはサラシアが使われてきました。

天然のサラシアエキスに含まれるテルペノイドには、食事による脂肪の吸収を抑えるほか、蓄積した皮下脂肪を燃焼させる効果があります。

 

そのほかにも、肥満対策に効果的な成分としてサラシコール、コタラノールが含まれています。

この2成分は食事で摂った糖質の吸収スピードをゆっくりにし、食後の血糖値の急上昇を抑制してくれる働きがあります。

糖質を分解吸収する酵素・グルコシターゼの働きを阻害する働きがあるんです。

 

ダイエットしたい人にとっては、とても嬉しい成分ですよね。

でも、そのサラシアに、「妊娠中の摂取は危険」だというウワサがあるんです。

 

妊婦さんは飲んじゃダメ?「流産の危険」のウワサ

ある実験で、妊娠中の動物にサラシアを許容量を越える量を投与した結果、流産が起こったという報告があります。

しかしこの場合、問題なのは、過剰に摂取したということですし、流産が本当に過剰摂取のせいなのか解明されていません。

 

因果関係があるかどうかも、まだはっきりとは分かっていません。

また、これは動物実験の結果なので、人体で同じことが起こるのかも、まだ未知数なのです。

 

ラクビは副作用はない健康食品

ラクビは医薬品ではなく健康食品です。

腸内フローラの状態を改善するために開発されました。

パッケージには、使用されている原材料がすべて明記されていますし、公式サイトでも公表されています。

 

原料はすべて天然由来で、きちんと精製されているものばかり。

製造時も、厳しい安全基準をクリアした自社工場で商品化されていますから、副作用の心配もありません。

ただし1日の使用量を守らないで過剰に摂取したような場合には、下痢したりお腹の調子が悪くなることがあるので、要注意です。

 

妊活・妊娠・授乳中にラクビを飲むなら、専門医に相談した上で

先にご紹介したとおり、サラシアを動物に投与した実験では、流産の危険性が指摘されています。

しかし、妊娠中の人間の女性にも同じことが起きるかはまだわかりません。

自然の生薬の中には、妊娠中は避けた方がいいものもありますね。

 

サラシアはその一種といえるようです。

また、授乳中も注意が必要ですね。ママの口から身体に入ったものが、母乳として赤ちゃんに届くわけです。

もしかするとサラシアの成分が赤ちゃんには負担をかけるかもしれません。

 

妊娠、授乳期には、先ず医師の判断を仰ぎ、よく検討した上でラクビをで服用するか決めるようにしましょう。

 

ラクビが産後のダイエットをサポート

出産後のママを困らせるのが便秘。産後は腹筋が弱くなって、力が入りにくくなるのが原因です。

そんな時、腸の蠕動運動を活発化させるラクビはまさに救世主ですね。

 

ラクビの使用量の目安は、1日に1粒。たった1粒です。

過剰摂取しなければ、ラクビは副作用の心配もない安全なサプリメントです。

 

腸が活性化すると、新陳代謝も活発になり、エネルギーの消費が増えてダイエット効果もアップします。

産後、ラクビでダイエットした人の口コミ

  • 妊娠してからどんどん体重が増えてしまい、産後も減らなくて困っていました。ラクビを飲み始めてから少しずつ痩せ始め、目標体重も目前です!
  • 知らず知らずのうちに、体型が変わってきていたようで、旦那に褒められました。嬉しいです!
  • 妊娠中から、ひどい便秘で悩んでいました。ラクビを飲み始めてからだんだん改善してきました。

 

まとめ

いかがでしたか?

ラクビは天然由来の原材料を使って、安全性にもこだわって作られていますので、妊娠・授乳期に摂っても心配はないようです。

でも、やっぱり赤ちゃんを育てる大事な時期ですので、不安な人は医師に相談するようにしてくださいね。

 

心配しながらの服用は心身共によくありませんし、効果も半減してしまいそうです。

不安な部分を放置せずに、きちんと相談して、納得した上で使用するようにしてくださいね!



★最安値公式サイトはこちら★

LAKUBI(ラクビ)